Q.
投票できません
票 ( %)
  • 買って得みたい!
  • 買って得した!
  • 買って損みたい!
  • 買って損した!
  • 答えは追加できません

12
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
とにかく英語が話せるようになりたくて買いました。
数年前でした。
音声CD欲しかったな。。
1日20分、確実に続けましたが
現在のレベルは「話せないこともない」と言う感じ。
CD付きで購入された方が、本当にうらやましいです。
さぼったわけでもなく、確実に勉強して、
それでも「話せる!」って言えないんだから
CD無償提供して欲しいなと思います。

テキストの内容自体は良かったと思いますけどね。
19800円はちょっと高いかな?(音なしで)
値段も高いので迷いましたが、
どうしても英語がしゃべりたいので購入しました。

内容的に、「一定レベル以上に達したい人向け」ではないものの、
初心者(それでも中3レベルの文法力&単語力は必須)には
スムーズに入っていきやすい内容でした。

もうすぐ1ヵ月半経とうとしてます。毎日やってます。
音声に入ってるものについては文章もすらすらいえるぐらい覚えたし、
それらのフレーズに関しては聞き取りもほぼ完璧ですが、
これ以上に会話を広げていけるかが若干不安です。

とは言うものの、暗示は解けているので、
上達しそうな気がします。というより期待を込めて。。。
本当に買って良かったです。英語学習に対しての不安がなくなりました。
毎日トレーニングする事で、仕事の最中にも英短文のフレーズが頭を過る事もしばしばあります。本当に目からウロコでした。今までの自分の英語学習は何だったんでしょう?
悪徳商法みたいに良い事しか書いてない。
自分の経験上、こういうのは買わない方がいい。

あとで後悔する事が無いように、見極めてから購入を考えよう。
損だと思った人が居る事を見極める際に、重要視した方がいい。

ねずみ講に引っかかった友人を持つ者より
音声なしのときに買いました。
特にすばらしい教材とも感じず。
音声があればまた別だったのかなあ?と思います。
最近、CDが無償で付いているので
先に買った人が損してますよね。
どなたかも書いておられましたが
無償で配布してほしかったですね。

ちなみに推奨される勉強方法で何度も学習しましたが
特に話せるようにはならず。。
CD買ってやり直してみようかなあ。。でも高いなあ。
自分のブログでも同じようなことを書きましたが、Simple English(以下SE)を軽く学習してみた感想です。
【ポジティブな感想】
●とりあえず、買って良かったと思っている。
●目標ハッキリ、脳みそスッキリ。この点は秀逸。
●分かりやすいのでモチベーションを高く維持できそう。
●酒井著者の一般書籍は、音声付きは全てQ&A式のみなのでSEが充実。
(SEでは、Q&A式は付録的な要素、メインはまた別の学習)
●一般書籍では言えないことをズバリ書いているので読者も迷いなく取り組める。

【ネガティブな感想】
●やはり値段に躊躇した。かなりの思い切りが必要だった。
●紹介ホームページがいわゆる「情報商材」的でうさん臭いのは逆効果。
●「一般書籍で伝えたかった91%はお蔵入り」は誇張しすぎ。せいぜい50%?
●書いてあること自体は一般書籍の集大成?音声不要なら一般書籍でもアリかも。
●別冊の「英文法習得プログラム(音声付)」の5,000円は高い。
●音声CD用のテキスト部分だけで良いからPDFが欲しかった。

【ニュートラルな感想】
●19,800円が高いかはまだ断言できない。英語の上達次第。
これはいい!特典の単語集もよければ本の中身も皆さんが言うように目からウロコ。今までこういうネットでの情報の教材をいくつも買って中には返品したのもあるけれど、これは無理せず続けられています。なにより英語を話せている自分を想像してワクワクして学べること。これって大事だと思います。
受験英語から解放された大学1年生です。
初めてバイトで稼いだお金で、simple Englishを買いました。
実は、去年の春に「南極流勉強法」を買いましたが、
このときは、親にこのサイトを見てもらって買って貰いました。

かなり高かったですが、迷いというか不安を解消して
くれて、一筋にまい進できた点で大いに役に立ちました。

恩人さんのサイト見て、英会話も今のうちにマスター
できればと思っていましたので、コメントにあった
「ムフフな、本当に素晴らしい教材」という言葉が
気になって、simple Englishを買いました。
結果は超正解でした。

受験英語しか知らなかった僕にはカルチャーショック。
何ヶ月か後に、しゃべれるようになっている自分が
想像できてワクワクしています。
僕のような初心者には最高の教材だと思いました。
とにかく、○○をインプットする反復練習を始めています。
大学の英語の講義がバカバカしく思えます。
音声別売り9800円なんてなめてるね。シャドーイングとか進めておきながら、音声はついておらず、
別売りでふっかけてきやがってイメージ悪すぎ。
最初からつけろよと思う。俺は絶対に買わない。
これは特典で無償配布すべきだと思う。
もう自然と口から英文が飛び出すほど聞いています。ちょっとした時間に、電車の中で、ボイスレコーダに入れて聞いています。on,
offの使いかたなど、この教材で基本的なEnglishの骨格を身につけることができたと思います。本当に目から鱗です。あとはこれに肉づけをしていくだけ、つまり実践を含めた精進でいいなという感想です。確かにネイティブ音声の別売があとから来たのはすこし残念に思いましたが、最初から3万円でも十分過ぎる「お買い得」だと今では感じています。
これはひどい。音源の販売を行っているが、すでにテキストを購入している人には無償配布すると思っていた。(バージョンアップ無償より)
しかし、19800円(今だけ9800円)での販売をおこなっている。
これではテキストと音源を合わせて3万円の英語教材ではないか。
とはいえ、3万円で本当に30日間トレーニングするだけで英語がしゃべれるようになるのであれば、当然お買い得であることは間違いない。
まだ、私は始めて1週間ではあるが、たぶん音源を購入してしまうだろう・・・
悪いことばかり書いたが、テキスト自体は、ムフフな、本当に素晴らしい教材なのでお勧め。
紙ベースよりPDFでのダウンロードで購入したほうが後々便利です。
PS.音源の販売にはA5版のテキスト1冊がついてくるようです。
(それなら、9800円でも、まぁ安いかも?)
訂正:実物で確認したところ、テキストは1冊でした。上記訂正しました。
2冊→1冊。管理人様本文の訂正お願いします。(9/3)
音声が全くないことが一番のマイナス点。簡単な英文だけに活字で追うならば初級者だけに限定される。音声が付くならば中級者まで対応できる内容といえると思う。
著者から実際に指南を受けると時間給が相当高いようだが、だからと言ってこの活字だけのテキストが安いことを強調されるのはどうかと思う。勉強法は想像が付く範囲だけに金額が高いと感じた。
ps;ネイティブの音声ができあがったそうです。うれしいですが別料金で購入しなおさなければいけないと知って驚いています。酒井先生の手を離れ、あまりにも金儲け主義に走っているイメージが強すぎる。
さらにps; 書店で販売されている酒井先生の本と内容はほぼかぶっています。書店の本を買ったほうがよほどいいです。
最初からテキストと音声を一緒にして、はっきりと金額を表示し販売すべきです。だますような販売方法は酒井先生のイメージを悪くします。先生に知らせてあげてください!