コメントの削除

tomosuke様、質問ありがとう御座います。
回答なんですが、普通の鍼灸では基本的に「つぼ」を中心に鍼をされると思います。
トリガーポイント鍼灸の場合は、筋肉の「こりのこり」=トリガーポイント
と言います。そこに鍼をさすことによってトリガーポイントに刺激「傷」を付けて筋肉の再生を促すことが目的です、私の場合は週に2回位治療しております。回数を重ねていけばいくほどトリガーポイントの数が少なくなって
最後には筋肉の血の循環が良くなり、筋肉が柔らかくなるようになります。
それによって腰痛も治っていくと思います。
皆さんが思われている腰痛は「骨」に原因ではないのか?
と思われていますが、腰痛は筋肉の痛み「けいれん」から発生して
脳によって、痛いと判断されています。
トリガーポイントの専門医は「トリガーポイント研究会」を検索されたら良いと思います。
  • 一度削除したコメントを復活させる事は出来ません